自宅でのオーディオカセットのデジタル化

現代のインターネットはさまざまな趣味や願いのための音楽でいっぱいです。 有名な芸術家の歌や音楽作品、そしてあまり人気のないグループは、インターネット上で見つけることができます。 すべての人がポピュラー音楽を優れた品質でダウンロードする機会を持っています、しかし、すべてがポップ作品の支持者であるというわけではありません。

自宅でオーディオカセットを正しく簡単にデジタル化する方法を学びます。

覚えている人はほとんどいませんが、たった10年前の技術では、オーディオカセットと呼ばれるテープレコーダーと磁気メディアを使って音楽を聴くことしかできませんでした。 ほとんどの人は、自分の好きな曲のテープや懐かしさを感じさせる音楽作品が隠されたキャッシュを持っていますが、現代のプレイヤーの力を借りてそれらを聴くことはできません。 この記事では、現代のデジタルフォーマットで好きな種類の音楽を正確に聴くために、自宅でオーディオカセットをデジタル化する方法について説明します。

オーディオカセットをデジタル化するために必要なもの

インターネット上で特定の音楽を見つけることはほとんど不可能です。そのため、アマチュアはテープのデジタル化サービスを提供し、これでたくさんのお金を稼ぐ特別な会社に頼ります。

多くの場合、オーディオカセットからコンピュータにコンテンツをコピーする方法についての質問は、何十年もの間自分の好きな曲でテープを集めていて今ではそれらを聴く機会がない中高年の人々の間で起こります。

実際には、オーディオカセットのデジタル化は、深刻な機器や途方もないスキルを必要としません。 家庭でオーディオカセットをデジタル化することは、現代の技術を使用する方法を知っていて、プログラムで少なくとも少し知っているほとんどの人に能力を持っています。

テープをデジタル化するには、次のものが必要になります。

  1. カセットテープレコーダー。
  2. ラップトップまたはオーディオレコーダー
  3. コンピュータをテープレコーダに接続するためのケーブル。
  4. オーディオカセットをデジタル化するためのプログラム。

テープレコーダーやカセットプレーヤーは製造年数にかかわらず、機能し、その直接の操作機能を完全に果たすことが重要です。 必要な資料がすべて揃っていれば、作業を開始してお気に入りのトラックをデジタル化できます。 始めるにはインターネットで見つけて、あなたがオーディオからデジタルフォーマットに音楽を転送することを可能にするコンピュータまたはラップトップにソフトウェアをダウンロードしてインストールすることです。

カセットデジタル化ソフトウェア

家庭でのオーディオカセットのデジタル化は特別なプログラムを使って行われます。 インターネットでは、磁気メディアの音楽をデジタル化するための有料プログラムと無料プログラムの両方を見つけることができます。 無料のプログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールするだけで、有料のサービスを利用することはお勧めできません。

自宅でオーディオカセットをデジタル化するための最も人気があり、手頃な価格のプログラム:

  1. 無料のプログラムAudacityを使うと、オーディオからデジタルフォーマットに音楽を転送することができ、使いやすく、録音を編集することができます。 WindowsとLinuxに最適です。 ウェーブフォーマットでサウンドを書き込みます。 標準のmp.3形式で音楽を最終的に入手するには、さらにLame MP3 Encoderライブラリをダウンロードする必要があります。

    これは、複数のトラックを扱うことに焦点を当てた、オーディオファイルの無料のマルチプラットフォームオーディオエディタです。

  2. Audiograbber - オーディオカセットをデジタル化するためのプログラムで、非常にユーザーフレンドリーなインターフェースを持っています。 それを使用すると、結果のデジタルオーディオを編集し、デジタルファイルを目的のユーザー形式で保存できます。

    これはオーディオトラックをデジタルフォーマットにコピーするように設計されたユーティリティプログラムです。

必要なプログラムをコンピュータにインストールしたら、コンピュータまたはラップトップをテープレコーダに接続してから、テープを直接デジタル化することができます。

テープレコーダーをコンピューターまたはラップトップに接続する

私たちは問題の技術的な側面、すなわち機器の接続に進みます。 デジタル化にコンピューターが使用されている場合、コネクターが配置されているシステム装置の背面パネルに青い線入力を見つける必要があります。

例の青い線

オーディオテープレコーダーでは、ヘッドフォンを接続するためのコネクタを見つける必要があります。ほとんどの場合、それも青色です。プロのテープレコーダーを使用している場合は、スピーカーへの出力もあります。 特別なコードを使用してテクノロジユニットを両端の適切なプラグに接続する必要があります。これは、それぞれコンピュータとオーディオテープレコーダーに適合します。 あなたは電気機器を売るどんな店ででもそれらを買うことができます。

ヘッドホンの例

ラップトップを介して自宅でオーディオカセットを接続およびデジタル化することも同様に行われます。唯一の違いは、ラップトップにはないリニアジャックではなく、近代的なモデルではライン入力と組み合わされるマイクジャックを使用したプラグの接続です。 ノートパソコンは自動的にマイクから録音モードに切り替わります。これには追加の操作は必要ありません。

オーディオデジタル化手順

自宅でのオーディオカセットのデジタル化は、すべての準備手順が正しく行われていれば問題ありません。 お気に入りの珍しい音楽作品をオーディオカセットからコンピューターまたはラップトップにコピーする方法をさらに詳しく検討しましょう。

これを行うには、テープレコーダーで再生するためにオーディオテープをオンにして、インストールされたプログラムをコンピュータまたはラップトップで実行するだけです。

ダウンロードしたプログラムでは、「録音」ボタンを押して、オーディオカセットの内容全体がパーソナルコンピュータのハードディスクに上書きされるまで待つ必要があります。 結果として生じる録音は、同じプログラムを使って編集されることができます、健全な仕事のための正しいパラメータを設定して、そしてどんなユーザーフレンドリーなフォーマットにでもエクスポートします。

レコードは最初は単一ファイルとして保存されることに注意してください。 音楽レコードを複数の曲に分割するには、ファイルを開き、オプションを使用して音楽トラックを別々のトラックに分割します。これらのトラックはユーザーフレンドリな形式で保存されます。 プログラムでファイル全体を開くと、曲の終わりや曲の終わりである音楽トラック上の特徴的な切れ目を視覚的に見ることができるので、これは簡単です。

要約しましょう

お分かりのように、人気があり無料で入手できるものだけでなく、優れたデジタル品質で音楽を聴くことができます。また、オーディオカセットに入っていて棚にほこりが集まっている、よりまれな音楽作品もあります。

これを行うために、音楽作品の古いキャリアのデジタル化に従事している専門会社に連絡する必要はありません。 オーディオカセットをデジタル化して自宅でタスクを実行する方法を説明した上記の指示に従うだけで十分です。 その結果、あなたは優れたデジタル品質であなたのお気に入りの音楽を手に入れることができます。